次元上昇メディアAsi.(アシ)

直感を磨くには


次元上昇メディアAsi.(アシ)にアクセス頂き、ありがとうございます。

Asi.発起人、鎌倉の美容番長改め、スピリチャル番長の田熊です。

 

前編のコラム「波動」に続き、後半のテーマは「直感」です。

 

直感とは

 

直感は、理性や論理的思考に基づくわけではなく、直感的な感覚や洞察力によって情報を理解する能力です。

つまり、直感は直感的な理解や感覚的な判断によって行われるものであり、経験から生まれるものです。

直感は、理性的な分析だけでは理解できない情報や解決策を提供します。

 

直感を磨くためには

 

1. マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想を行うことで、内なる声や感覚に気づくことができます。これは直感を育てるのに役立ちます。

 

2. 日々の観察

日常生活で自分の感覚や直感に注意を払い、その感覚が正しいかどうかを確認することが重要です。

 

3. 創造的な活動

絵を描く、音楽を演奏する、詩を書くなどの創造的な活動は、直感的な部分を刺激し、磨くのに役立ちます。

 

4. リラックスする

ストレスや疲れは直感を鈍らせることがあります。リラックスすることで、直感をよりクリアに感じることができます。

 

5. 自己分析

自分の過去の直感がどのように正しかったかを振り返り、そのパターンや傾向を理解することも役立ちます。

 

6. インスピレーションを求める

芸術作品や自然の美しさなど、インスピレーションを与えるものに触れることで、直感を刺激することができます。

 

これらの方法を組み合わせて、直感をより鋭く磨くことができますが、わたしが実践していて断然おすすめするのは

大自然の中に身を置くです。

大自然は、地球の芸術作品です。

 

そして、深呼吸し、

ただそこに在る、という感覚に身を委ねます。

 

 

何も遠くに行けば良いいうことではなく、この写真は神奈川県の秦野にある竜神の泉がある山です。

湘南からは車で1時間くらいの場所です。

以前も湧き水を飲む生活をご紹介しましたが、1ヶ月に一度、山に水を汲みに行くことで、潜在意識と繋がり、必要な答えを直感が教えてくれるようになりました。

 

 

皆さんも、旅先やお住いのお近くにある湧き水スポットまで、足を運んでみてくださいね。

 

波動をととのえることは、イコール直感を磨くことになります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

たくまゆい

この記事を書いた人

田熊ゆい

「Asi.」発起人。
物心ついた頃には目に見えない世界に興味があり、不思議な体験が重なったことで開眼。当メディアのスピリチュアル番長。

18歳でモデルデビュー、CMを中心に雑誌などに出演。20代半ばに起業し、美容・ファッションの企画、施設のプロデュースの傍ら、ビューティジャーナリストとして多方面で活躍。以来20年以上、数々の企業にブランディング、アドバイスサービスを提供。

彼女自身がウェルネスを体現するモデルリーダーでもあり、湘南から「いくつになっても自分らしく能動的に生きる」というメッセージを発信している。

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

次の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP