次元上昇メディアAsi.(アシ)

波動治療テクノロジーの進化が凄い


次元上昇メディアAsi.(アシ)にアクセスいただき、ありがとうございます。

 

Asi.発起人、鎌倉の美容番長改め、スピリチャル番長の田熊です。

 

今回は「波動」についてお話ししたいと思います。

 

波動とは

「波動」という用語は、物理学や量子力学の文脈で使われることがありますが、一般的には次のような意味で用いられます。

 

1. 物理学における波動:波動は、波の伝播や振動を表す概念です。例えば、水波や音波、光波などがそれに該当します。これらの波動は、波長、振幅、周波数などの特性を持ち、さまざまな物理現象を説明するのに使われます。

 

2. 量子力学における波動:量子力学では、粒子の振る舞いを記述するために波動関数が用いられます。波動関数は、粒子の位置や運動量などの物理量の確率分布を表し、粒子の波動性を示唆します。これにより、微小な粒子や原子レベルの現象を説明するのに役立ちます。

 

3. 意識やエネルギーの概念:一部のスピリチュアルやメタフィジカルな文脈では、「波動」という用語が意識やエネルギーのレベルを指すことがあります。人の意識や感情が波動として表現され、周囲の環境や他者との相互作用に影響を与えると信じられています。

これらの用法において、「波動」はエネルギーの伝播や粒子の振る舞い、あるいは意識やエネルギーのレベルを示す概念として理解されます。

 

個人的には「波動」という言葉がスピリチャル界隈で乱用されていると感じているので、私は「振動」という表現をすることが多いのですが、量子力学の世界では、人間の体、臓器、ひとつひとつの細胞を細かく分解していくと、小さな小さな素粒子に行き着くと考えられています。そしてそのひとつひとつの素粒子は微細に振動しています。また、現代の生活環境による日々のストレスでその振動数が乱れると、様々な心身の不具合につながるといわれています。

 

実は10年ほど前に、別の波動治療を受けたことがありレポートがあったので、可視化するとこんな感じです。

うん。我ながら乱れています。笑

 

 

この「振動」の不具合をととのえるには、様々な手段があります。

日常的に瞑想を取り入れるのが、わたしは最も有効だと考えていますが、瞑想が上手に出来ないという声をよく耳にしていました。

 

そんな中、医療と美容が融合したホリスティックな施設で、波動治療を受ける機会がありましたので紹介しますね。

 

WELLC表参道

 

 

ウェルネス統合医療クリニックによる、美容と医療の複合施設

 

 

治療は、左右交互に頚椎に3分程度当てるだけ!

最新機器とあって、骨振動により整体も同時に施術できるように!!

 

 

わたしは骨盤が右側に倒れてしまっていたのですが、あら不思議。

10分足らずで、左右均等に!!!

テクノロジーの進化に感心するばかりでした。

 

WELLCでは、波動測定のレポートはありませんが、身体がまっすぐになって頭がクリアに明るくなる体感はバッチリあったので、ご興味ある方は覗きに行って見てください。

大都会にありますが、都会のオアシスとして場のエネルギーにもこだわり、空調換気に加え、有害電磁波の影響に配慮しているとのこと。インテリアにも、陰陽五行思想の木火土金水の要素、身体を癒し整える周波数を放つ音や香りを取り入れることで、目に見えないエネルギーバランスにもこだわっている高エレルギーなサロンでした!

 

波動治療について、ちょっと長くなりますので続きは後半に。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たくまゆい

 

 

この記事を書いた人

田熊ゆい

「Asi.」発起人。
物心ついた頃には目に見えない世界に興味があり、不思議な体験が重なったことで開眼。当メディアのスピリチュアル番長。

18歳でモデルデビュー、CMを中心に雑誌などに出演。20代半ばに起業し、美容・ファッションの企画、施設のプロデュースの傍ら、ビューティジャーナリストとして多方面で活躍。以来20年以上、数々の企業にブランディング、アドバイスサービスを提供。

彼女自身がウェルネスを体現するモデルリーダーでもあり、湘南から「いくつになっても自分らしく能動的に生きる」というメッセージを発信している。

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP