次元上昇メディアAsi.(アシ)

チャクラとは


次元上昇メディアAsi.(アシ)にアクセス頂きありがとうございます。

Asi.発起人、鎌倉の美容番長改め、スピリチャル番長の田熊です。

 

さて、今さら聞けない「チャクラ」について。

とはいっても、第7チャクラまではヨガや瞑想が浸透したことによって、かなりメジャーなのではないのでしょうか。

 

チャクラとは

 

チャクラは、ヒンドゥー教や仏教の伝統におけるエネルギーの中心点や車輪とされる概念です。

人体には主要な7つのチャクラがあり、それぞれが特定のエネルギーセンターと関連付けられています。

 

下から

ルートチャクラ(Muladhara)

人の安定性や生存欲求を表し、体の底部に位置します。赤い色に関連付けられます。

 

骨盤チャクラ(Svadhisthana)

創造性や情熱、性的エネルギーを司り、骨盤の下部に位置します。オレンジ色に関連付けられます。

 

腹部チャクラ(Manipura)

自尊心や意志力、パワーを表し、腹部の上部に位置します。黄色に関連付けられます。

 

心臓チャクラ(Anahata)

愛や癒し、共感を司り、胸の中央に位置します。緑色に関連付けられます。

 

喉チャクラ(Vishuddha)

コミュニケーションや表現、真実を表し、喉の近くに位置します。青色に関連付けられます。

 

第三眼チャクラ(Ajna)

直感や洞察力、洞察力を司り、眉間の中央に位置します。紫色や青色に関連付けられます。

 

頭頂チャクラ(Sahasrara)

霊的な意識や智慧を表し、頭頂部に位置します。白や紫の色に関連付けられます。

 

これらのチャクラは、バランスが取れていることで身体や精神の健康をサポートし、不均衡が起きると様々な問題を引き起こすと信じられています。瞑想やヨガの練習などの方法で、チャクラのバランスを整えることができると考えられています。

 

さらに上のチャクラもあります。

わたしの持論でいうと、第八チャクラでDNAの宇宙コードが活性すると考えています。

 

第八チャクラ

第八チャクラは、通常「ソマチャクラ」とも呼ばれ、人体のチャクラシステムに含まれるとされるものの中で、より高次元の意識と結びついています。第八チャクラは、一般的には頭頂部や上方に位置すると考えられています。

 

第八チャクラは、霊的な意識や宇宙意識、統合された意識などと関連付けられます。このチャクラは、個人の身体的な存在や限られた自己意識を超えて、宇宙的な全体性や一体感につながると信じられています。

したがって、第八チャクラにアクセスすることで、個人の自己と宇宙的な全体との統合や調和を体験できるとされています。

 

 

そして、

第九チャクラ

 

一部のスピリチュアルな伝統や実践では、通常のチャクラシステムよりも高次元のエネルギーや意識と関連付けられています。第九チャクラは、個人の霊的な進化や成長、宇宙的なつながりを表現するために使われます

 

一般的なチャクラシステムでは第九チャクラは直接的には言及されませんが、第九チャクラにアクセスできるようになると、遺伝子の最後の神性コードと繋がり、ライトボディー化していくのを体感しています。

 

ちょっと長くなりすぎてしまうので、ライトボディについては次回のコラムでお話ししますね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

たくまゆい

 

 

 

この記事を書いた人

田熊ゆい

「Asi.」発起人。
物心ついた頃には目に見えない世界に興味があり、不思議な体験が重なったことで開眼。当メディアのスピリチュアル番長。

18歳でモデルデビュー、CMを中心に雑誌などに出演。20代半ばに起業し、美容・ファッションの企画、施設のプロデュースの傍ら、ビューティジャーナリストとして多方面で活躍。以来20年以上、数々の企業にブランディング、アドバイスサービスを提供。

彼女自身がウェルネスを体現するモデルリーダーでもあり、湘南から「いくつになっても自分らしく能動的に生きる」というメッセージを発信している。

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

次の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP