次元上昇メディアAsi.(アシ)

遺伝子の活性化


本日も次元上昇メディアAsi.(アシ)にアクセス頂きありがとうございます。

鎌倉の美容番長こと、発起人の田熊ゆいです!

 

瞑想の旅路Vol.3で、地球で体験する器である肉体をとことん癒すことで、遺伝子が活性化するところまでお話ししました。

 

では、遺伝子が活性するとどうなるのか。

 

遺伝子が活性すると、いわゆる次元上昇をしていきます。

わたしの体験談として、遺伝子を活性化するヒーリング「DNAアクティベーション」をシェアしたいと思います。

 

 

「DNAアクティベーション」は古代の偉大なる王・キングソロモンが編纂したヒーリングと言われ、現代にいたるまで3,000年以上もの間大切に守られ伝えられてきた秘儀中の秘儀で、かつては王族や神官など、限られた人しかこの恩恵を受け取ることはできなかったとここと。

 

その「DNAアクティベーション」を数年前、信頼するサロンKeshetで受けたことがあります。

 

初めての施術が終わると、妙に頭がスッキリして視界と聴覚がクリアになっていました。

セラピストの中島りつさんから、自分でなんとなくわかっていて口に出していないとことを見透かされたようなアドバイスもあり、それもまた時間をかけて人生の答え合わせをすることになります。

 

セッションを受けたら終わりではなく、むしろここからがスタート。

私の場合、2回目を終えた数ヶ月かけてマインドもエネルギーそのものも増幅したというか、明らかな変化がありました。

 

サロンKeshetのホームページによると、このDNAアクティベーションによる恩恵は

 

・肉体にもっと多くの光をもたらし保持できる様になる
・可能性を最大限にして、意識していなかった才能や能力を引き出す
・エネルギーがあがり、明瞭さを得る
・免疫システムを強化する
・無意識のパターンの解放
・脳を更に活用する能力の増加
・ハイヤーセルフとの強いつながりと統合
・家系と遺伝的カルマパターンの浄化(3~5世代の先祖および子孫)
・オーラにしまい込まれていた感情が解放される
・自分の中のスピリチュアルな能力が目覚めてくる 

 

など、様々なようです。

 

現代の人間は、才能を10%しか使えてないと脳科学でも発表されています。

 
なぜ10%しか使えてないのか。
 
それは、DNAが22本中、「2本」しか活性化されていないから。
DNAアクティベーションは、この2本しか活性化されていない状態から活性化させていきます。
 

サロンKeshetでは、1998年以降、今までの22本に神性のコード宇宙のコードの2本を加え、この24本を活性化することにより人類のもつDNAが完全に開くように、全ての遺伝子の鎖を解いてくれます。

 

事実、そこから数年かけて、わたし自身がライトボディにかなり近づいています。

ライトボディについてはまたの機会にお話ししますね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

たくまゆい

 

この記事を書いた人

田熊ゆい

「Asi.」発起人。
物心ついた頃には目に見えない世界に興味があり、不思議な体験が重なったことで開眼。当メディアのスピリチュアル番長。

18歳でモデルデビュー、CMを中心に雑誌などに出演。20代半ばに起業し、美容・ファッションの企画、施設のプロデュースの傍ら、ビューティジャーナリストとして多方面で活躍。以来20年以上、数々の企業にブランディング、アドバイスサービスを提供。

彼女自身がウェルネスを体現するモデルリーダーでもあり、湘南から「いくつになっても自分らしく能動的に生きる」というメッセージを発信している。

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP